無料補助金診断サービス

無料補助金診断サービス(2017年度 会社設立・新規開業編)のご案内

 資金調達手段の延長線上に補助金や助成金を位置付けると、資金面だけではなく適用条件を満たす必要から事業計画が練り直され、総合的に経営にプラスに働くことがあります。先ずは「知る」ことから始めましょう。項目に答えるだけで特定の補助金・助成金の中からオススメ度を知ることができます。
 

補助金・助成金 診断項目

資金調達・事業計画作成関連

新創業融資制度、中小企業経営力強化資金、新規開業資金、新事業育成資金、クラウドファンディング、女性・若者/シニア起業家支援資金、経営革新計画

人材雇用・人材教育関連

所得拡大促進税制、雇用促進税制、人材開発支援助成金、キャリアアップ助成金(正社員化コース)、キャリアアップ助成金(人材育成コース)

設備投資・販路拡大関連

創業・事業承継補助金、革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金、小規模事業者持続化補助金、省エネルギー投資促進に向けた支援補助金、経営力向上計画、IT導入補助金
 

レポートの使い方について

①「活用オススメ度」をチェック

 レポートは上記の3分野にわけて、活用オススメ度を診断します。オススメ度の目安は
A:活用できる可能性が高いです
 「公募要件」や「募集時期」などをご確認いただき、補助金などの申請を希望される場合はお早めにご相談ください。
B:活用できる可能性があります
 「公募要件」や「募集時期」などをご確認いただき、補助金などの申請を希望される場合はお早めにご相談ください。
C:活用できる可能性は低いです
 貴社の今後の事業展開等により活用が可能になる可能性もあります。「公募要件」等の確認をオススメいたします。

②各制度ごとに「問い合わせ窓口」を記載しています

診断報告書に記載されている補助金につきましては、当社にてご説明もいたしますが、各制度ごとに「問い合わせ窓口」を記載していますのでご自身で直接お問い合わせ頂くことも可能です。ご不明点は、弊社または各補助金ごとの受付窓口へお問い合わせください。
 

注意事項(免責事項)

無料補助金診断サービス(2017年度 会社設立・新規開業編)は全ての補助金・助成金の診断を行なっておりません。また、レポートで「A」「B」と判定された場合でも事業者様の条件により実際には申請不可となる場合があります。また、「公募期間」が定められているものもあります。コンサルティングレポートには今年度の公募が既に終了している補助金・助成金も含まれています。また、補助金の申請は不採択となる可能性があります。予めご了承ください。
 

 チェックシート

以下、シートにチェック・記載し送信してください。SSLにて対応しております。診断結果は1週間から10日でお手元に届きます。ご記入いただきました情報は弊社およびゆう税理士事務所、チェックシート作成先の株式会社エフアンドエムが公的制度活用診断の作成・提供・専門家派遣の申請手続き、経営相談のみのために利用いたします。また、今後当グループの会報誌「ゆう通信」や「経営革新等支援機関推進協議会のメール配信サービス「ビジネスクラブ」」をお届けします。(メール配信はご自身で簡単に解約することもできますのでご安心ください。)これら情報を受ける組織は個人情報保護法その他関係法令およびガイドラインを遵守いたします。